list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 声紋分析で〇〇色って言われたら…

声紋分析で
「このブルーの部分が…」とか
「あなたは黄色の人ですね」と、
お伝えすることがあるのですが、

その色は、オーラやチャクラなどの
いわゆるスピリチュアルな情報ではありません

「人間の声域に、人間の可視光の色を
当てはめてみただけのもの」
だそうです。(ソフト開発者)

私が使っているソフトは

Oct.+3: 2048Hz-4096Hz
Oct.+2: 1024Hz-2048Hz
Oct.+1: 512Hz-1024Hz
Oct.: 256Hz-512Hz
Oct.-1: 128Hz-256Hz
Oct.-2: 64Hz-128Hz
Oct.-3: 32Hz-64Hz

と、いうように
7オクターブ(平均律)構成になっています



だいたい、だいたいですよ、
88鍵のピアノの一番低高い音~一番低い音を
録れると思っていただければ
想像しやすいでしょうか?

人間が聞き取れる音は20~20,000Hz
と言われていますが、

人が会話するときの周波数は
母音が250~1500Hz程度
子音が1000~3500Hz程度
と言われていますので、
一般の会話の周波数域は
Oct.+1、Oct、Oct -1 あたりになります

Oct -2、-3 とだんだん低くなってゆくと、
会話の声、というより、
体や空気の振動に近くなり、
耳よりは体で感じる要素が大きくなってきます

Oct.+2、+3と高くなってゆくにつれ、
ソプラノ歌手の歌声、鳥のさえずり、鈴虫の鳴き声
などのように、
人の会話というよりは
「歌」のように感じる要素があるそうです

「人が通常会話で発している周波数を7オクターブとし、
その1オクターブ分に
人間の可視光のスペクトルを当てはめたもの」

それが私の使っている声紋分析のソフトの表示なのですが
どうも、「説明しきれない何か」を乗っけてるな、
と感じるんです

まぁ、私の妄想です

ソフトの開発者は、
「見やすいから。説明しやすいから色を付けた」
と言い張っておりますので。

ちょっと、夜更かしついでに、
妄想を掘り下げてみました。
(クリックで全画面表示します)
音と色
このキチガイじみた表ですが、
数字は周波数の倍音を計算したオクターブ表です
細かくご覧いただく必要はございません

音は周波数、Hzで表してありますが、
色をHzで表すとどうなるのだろう?
と考え、計算したものです
(周波数に着目したもので、音の持つその他の性質は考慮していません)

色(可視光の)をHzで表すと、405~790THzだそうで、
「テラヘルツってどこ?」ってわかるところまで計算しました

で、
その405~790という数字を
なんとなく7つ(7色)に振り分けたのが②

それを、色で表現したのが③です

つまり、③は「音の周波数そのものの色」
というものなのかもしれません。

「なんとなく」というぼんやりした表現になってしまうのは
色にも音にも、境目はないからです
(私はすべてのものに境目はないと感じているガイキチさんでございます)


①と書いてある部分を横に見てください
これが先ほど説明した、
「1オクターブに可視光を当てはめた」
と言い張っているものです

Cの音、つまり「ド」の音は
声紋ソフトでは赤で表示されていますが、
周波数が表す色域は緑

Eの音、つまり「ミ」の音は
声紋ソフトでは黄色で表示されていますが、
周波数が表す色域は青~紫

といった具合です

う~ん、見事に補色関係のじゃんけんポン
(もう、わけわからん(^_^.)

そこで、思い出すのが、
「赤い折り紙って、赤色の光を跳ね返す折り紙ってこと?」
「私が感じる赤って、本当にみんなと同じ赤なんだろうか?」
っていう、小さいころからの妙な感覚
(まぁ、加法、減法、クオリア等、色々ありますが)

だから何だ?と言われてしまいそうですが、
「説明しきれない何か」を乗せている、ということで
置いておきます

所詮、ガイキチさんの深夜の妄想と、
笑い飛ばしてくださいませ








スポンサーサイト
【2012/08/23 05:20】 ガイキチ | track back(0) | comment(9) |
comments

list 私も思ってた!

難しくて、anさんが言わんとしていることを正しく理解しきれないけど、

私も昔から、自分の見ている色と人の見ている色は同じなんだろう
か・・・という疑問を持っていました。

自分の見ている赤が、人の思う赤と同じかどうかなんて、
証明は難しいよね。



【2012/08/23 18:26】 URL | すぽ #-[ 編集] |

list 立派なガイキチさん

ホント、anさんは立派なガイキチさん(笑)

anさんの小さい頃からの妙な感覚読んで、うなづいちゃったけど。
あ、でもズレてるかも。
中途半端な知識しかないし。


中学の理科で光の反射(ものが見える仕組み)を習った時に「あれ、じゃあ、人間に見えているものってホントの色じゃないかもしれないし、形だって違うのかもしれないんだな」と思ったんだった。

魚眼レンズの写真見て魚が見てる景色って人間の景色と違うんだ~。(これは調べたらそうではないんですね。水面下から水面上を見た時の屈折を表わしてるそうで)

そういえば犬猫の視界って灰色なんだっけ~?とか。

昆虫から見た世界とか。。。

え~と、いや、人間が見ているものがホントの世界なのか?とか
わけわからん。

可視光線ってあくまでも可視光線よね、、、とか、ぐるぐる。

で考えるのやめて今に至ったのだわ。


打ち上げの水、新記事でようやく意味が分かりました。
炭酸はダメなのね。

女子会でも美味しい水飲みますか。




【2012/08/24 11:23】 URL | ももちぃ_ももすけ #tt8ylnkg[ 編集] |

list

販売業に携わってたころ、
お客様との会話で色の捉え方の違い?ズレ?を
感じることが多々あったけど、
なんか納得。

そんでもってオドロイたのは、
ファシレおじさまのブログで師匠からもらったリコメの
「G1とBが(今のハクツルの)コアだと思うよ」
のG1~Bの色と、
anさんの「ハクツルが珠を産む夢を見た」の
珠の色(白っぽい緑)が同じ色だったこと。

う~ん、みなさんガイ○チ度がハイクォリティでいらっしゃる。

anさんが書いてた「赤い折り紙」。
以前、善光寺のお戒壇めぐりに入った時
本当~に真っ暗で、色だけでなく
上下左右の方向感覚までわからなくなりそうな〈漆黒〉だった。
眼に入る色って、光によって
色をはね返してるんだと実感した。
【2012/08/24 16:39】 URL | ハクツル #-[ 編集] |

list 戴いたクリスタルブレスはガイキチの黄色(*^^*)

声紋分析して頂いた時にメモろうとしていた事が細かく表示なされていて嬉しく思いますm(__)m

自分がずっと気になっていた事は
「基本7つに分類」がいくつかある事です

●虹は7色
●音はドレミファソラシ
●チャクラは基本7つ
●五感、六感、七感
●脳の階層(最近ヤマダブログで知りました)

境界線のないモノを敢えて分類する必要があったのでしょう(解りやすくするとか?)

音と色を合わせると音色ですネ
「夕日には美しい音色がある」と或るガイキチ本に書いてありました
やはり関係あると思います

看板や繁華街の街灯や収容施設の壁の色などを
色が人の意識に影響するのを利用している場合がありますよネ

ということは
元々クリスタルが持つ
色の違いによる波動の違いにプラス
分析が傾倒している部分の色に
なにかしら影響を受けているということですネ(^^;

黄色はガイキチの色♪
判子を捺されたみたいで
ホントに嬉しいです(*^^*)♪
ありがとうございます☆

【2012/08/25 01:57】 URL | パイン #lVFcPutU[ 編集] |

list すぽさんの

すぽさんが感じてくださったこと、なんだか嬉しい

確かめようがないので、けっこう、皆さん、一度は感じたことのあるもどかしさなのではないかな?
と思います。

言葉でも、色でも、

自分が感じたこと、
言わんとしていること、
実際に行ったこと、
相手に伝わったこと、
さらに
相手から伝わってきたこと
それを受け止めた自分…
と、いうように、

伝言ゲームじゃないけれど、
「どこかでちがってない?」っていうもどかしさ。

「私、それを伝えようとしたのではないんだけど」とかね。

ハクツルの言ってくれたことも、
そんなことだよね?

「理解の違い」ではなく、
もっと根源的な
「感知」の違いみたいなもの

ももちぃの言葉にもつながるんだけど、
「私の見ている世界は、ホンモノなのか?」っていう中2的な疑問、
私もあった、あった。
クオリア問題。

善光寺は私も体験した。
何度やっても新鮮。
私はいかに多くの概念を、
視力から作り出しているかを
実感させられます。

あそこに入ると、
3Dだと思っていた視力は、
まったくの2Dだっていうことが実感できる。

【2012/08/25 03:06】 URL | an #-[ 編集] |

list ガイ〇チパイン!

パインさんのおっしゃる
「境界線のないモノを敢えて分類する(わかりやすくするため)」
ということですが、
言い方をかえれば
「わかりやすいものが、それぞれのセンターとして感知される」
ということなのではないか?と思っています。
こっちのほうが、自然かな?なんて。

色に境目はないけれど、
確かに「黄色」は存在する

あの図は、エクセルのにわかづくりなので、色にばっちり境目がありますが、
本来はスペクトルであると思います。

富士山の写真を見て、
「頂上って、どこの部分ですか?」といわれたら、大抵の方が指差して「ここ」と言えるでしょう。
でも、「じゃあ、その1ミリ下の部分まで含めて頂上と言ったら間違えですか?」
と言われたら…

という感じですかね?

ちなみに、
黄色=ガイキチというわけではなく、
その他いろいろな要素を組み合わせた結果のガイキチですので、

黄色≠ガイキチ
パイン=ガイキチ

だと思います!
【2012/08/25 03:31】 URL | an #-[ 編集] |

list テレパシー

アミ本だったかな、忘れたけど、宇宙人が話をするときに、声に出さずにテレパシーでやりとりするんだけど、そのときに、おのおのの頭の上に色が出るって書いてあったね。

女子会、私も参加したいです。
でも、最近自分のドタキャンが目立つので、ぎりぎりまでいえません。
実はとても行きたいと思っている と、そう思っててください。(何だこりゃ) 

【2012/08/25 10:39】 URL | すぽ #-[ 編集] |

list 共感

こんにちは。

私は小さい頃、"苦い味"がわからず、私が感じている"甘い" や "からい"も果たして他の人が感じているものと一緒なのか疑っていた時期があります。

実際の五感の感じ方は他人と体を交換でもしない限りわからないですよね。違っていてもアリなのかもと漠然と思ってます。

女子会、私も参加したいです〜。
【2012/08/26 21:08】 URL | ヤマトタカダ #-[ 編集] |

list

anさん、
私からルンルンイエローを
取ったら干からびてしまう
ので、ルンルン魂は
永久に不滅デス!

私は、このままで行け!と
背中を押してもらったと
思ってまーす。

挙動不審な
動きをしていた☆せんより
【2012/08/31 10:49】 URL | せん #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://furiene.blog.fc2.com/tb.php/52-353c4ca9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。